栄光について

 

グループ理念・グループビジョン・グループクレド

理念 -私たちの約束-

最高の教育で、未来をひらく。

ビジョン -私たちの針路-

私たちは、
社会にとってかけがえのない
存在となるために、
教育者としての高い志と誇りを持って、
社会の革新と発展に貢献できる
人材の育成に尽くします。

クレド -私たちの行動指針-

私たちは、常に自らに問い続けます。

問一.その判断でお客様の喜ぶ顔が想像できるか?
問二.その発言で仲間を動かすことができるか?
問三.その行動で社会の尊敬を得ることができるか?

そして、その判断・発言・行動は、
理念の実現を真摯に目指したものか?

栄光の歴史

1980-

第1段階・・・創業から事業確立へ

1980年  栄光ゼミナール設立、当初は6校を展開

1981年~1984年
 東京、千葉、神奈川での教室 展開を順次開始

1984年 「高等部(現ナビオ)」開講

1992年 「ジュニアコース」
「個別学習教室(現ビザビ)」開講

1992-

第2段階・・・ハイブリッド教室の展開

1992年  ハイブリッド教室のビジネスモデル導入

1997年  米国進学テスト準備スクール
「カプランジャパン」を開設

2003年  通信制高校サポート校
「VAW栄光ハイ スクール」を開設

2008年  科学実験教室「栄光サイエンスラボ」開講

2009-

第3段階・・・新サービスの開拓「進化への挑戦」

2009年  Z会と業務資本提携

2010年  株式会社シェーンコーポレーション、
 株式会社ネリーズを子会社化

2011年  栄光ホールディングス株式会社設立

2015-

第4段階・・・2020年に向けて経営の一体化

2015年  株式会社ZEホールディングス 設立
 株式会社基盤学力総合研究所 設立
 株式会社ゼニス設立

これからの展望

創業以来、栄光は様々な形で、一人ひとりに最適な学びを提供することを続けてきました。
私たちが、全コース選抜制の学習塾を創ったのも、少人数定員制指導にこだわってきたのも、
集団授業と個別指導を自由に組み合わせることのできるハイブリッド型学習塾をいち早く設置したのも、
すべては「学びは学習者のもの」「教育をサービスとしてとらえる」という想いからでした。これからも私たちは、
その精神を受け継ぎながら、新しい時代のニーズに対応し、一人ひとりが教育を通じて、
人生を豊かにすることのできる未来を創るために、最高の教育を提供し続けます。

栄光の強み

規模

栄光は直営学習塾では、日本最大の規模を誇り、学習塾部門だけで、約65,000名の方にご通塾いただいています。この数は、栄光が提供する教育サービスの内容はもとより、栄光が大切にする指導の方針である「一人ひとりの個性指導。」や「自分のトップ校へ行こう。」が、多くの方々にご支持をいただいているということだと受け止めており、私たちの誇りとするところです。たくさんの方にお通いいただいているということは、当然その数の分だけ責任も重くなります。同時に、お客様の数だけ、私たちにも学びがあると考えれば、栄光の職員以上に成長の機会を与えられている存在は他にない、とも言えるのではないでしょうか。私たちはその学びを未来に活かしていくという責任も同時に負っているのです。

写真:規模

多様性

栄光は学習塾の会社、という印象が強いかもしれません。しかし、実際には、グループ各社を含めると、おおよそ提供していない教育サービスは見当たらないくらい、様々な教育を提供している会社です。栄光の歴史はチャレンジの歴史でもあり、他の民間教育機関が実現できなかったこともたくさん実現してきました。同じようなサービスが他社に存在しても、私たちならこうするという、栄光らしさを大切にしながら、お客様が本当に求めるサービスを提供することに邁進してきたことが、今の栄光の多様性を形づくっています。私たちはこれからも「民間総合教育ブランド」を目指して、教育の新しいフィールドにチャレンジし続けます。

写真:多様性

Z会との経営一体化

2015年11月、栄光グループはZ会と経営を一体化し、Z会グループが誕生しました。この経営一体化は、何より教育に対する想いを同じくする両者だからこそ実現したものですが、ビジネスの視点から見ても、お互いの強みを発揮し、弱みを補い合う、非常に理想的な組み合わせであるといえます。「通信・遠隔指導」のZ会に対する、「対面指導」の栄光、大学入試に強みを持つZ会に対する、小中学生指導に強みを持つ栄光など、例を挙げればきりがありません。これからも私たちは、この経営一体化による、事業面のシナジーや統合におけるスケールメリットを最大化しながら、日本の教育に、そして世界の教育に大きく貢献する存在を目指して、前進し続けます。

Z会×EIKOH

栄光グループのサービス

教育のライフナビゲーション

私たち栄光グループは人生のあらゆるステージに
最適な教育サービスを提供していきます。

図:教育のライフナビゲーション図:教育のライフナビゲーション

4つの成長戦略

既存事業・・・顧客層の多様化、事業領域の拡大、グローバル展開、公民連携の推進

顧客層の多様化

栄光ゼミナール

幼児からシニアまで、
生涯にわたる教育サービスの提供。

  • 低年齢層向けサービスを提供する(株)エー・アンド・アイの連結組み入れ(2013年)と強化
  • (株)アイ・シー・イー綜合教育研究所等の幼稚園・小学校受験指導サービス等を継承(2014年)

栄光サイエンスラボ

事業領域の拡大

学習塾の境界を越えて、
広く多様な学びのニーズに応える。

  • 科学実験教室「栄光サイエンスラボ」の開始(2008年)
  • Z会通信教育併用サービスの推進(2009年~)
  • (株)シェーンコーポレーションのM&A(2010年)
  • 小学生のロボット&プログラミング講座「栄光ロボットアカデミー」(2015年)

シェーン英会話

グローバル展開

海外において当社グループの
既存・新規の教育サービスを提供。

  • ベトナムでの学習塾の開始(2012年)
  • EIKOH SEMINAR AUSTRALIA PTY.LTD.の連結組み入れ(2013年)と強化
  • (株)国際交流センター、(株)国際コミュニケーションセンターのM&A(2015年)
  • ●会・栄光エデュケーションセンター マンハッタン校(2017年)

画像

公民連携の推進

民間教育のノウハウの提供により
公教育を支援。

  • 東京都葛飾区から「中学授業力向上プロジェクト」を受託(2012年)
  • 東京都新宿区から「中学生に対する学習支援業務」を受託(2013年)
  • グループ各社横断的な公教育支援ビジネスの推進体制の立ち上げ(2014年)